生きづらさを解消する土台とは?

アダルトチルドレンや共依存、愛着障害ゆえにどうしようもなく生きづらいと感じてしまうとき、

ありのままの自分をOK🙆とできる感覚を身につけることが何より大切になってきます。。

ずばり土台とは・・・・

『安心安全』

人生の初期の段階で、「安心安全」という大事な土台の部分を体現することができなかった私たち。
そんな私たちは、自分自身でその土台を築いていかなければなりません。

「安心安全」が保障されていないと、それを守るために、常に親や周りの大人の顔色を伺うようになります。
仮面をかぶった「良い子」で生きていくことで、自分を守ることを覚えてきてしまいました。

仮面の下にある本心を出すことは、親に嫌われること、親に見捨てられることだと思っていますから、とてもとても本心をさらけ出すことなんてできないのです。

本来ならば、子供らしく笑ったり、泣いたり、わがままを言ったりするところ、そんな大切な情動も抑え込んできてしまったのです。

長年、自分を押し殺し続けてきたことで、感情の麻痺が起こってきました。
気づいたら、本当に自分が好きなこと、やりたいことも分からなくなっていました。
自分の人生をどこか、他人事のようの見ているというか、自分の人生の中心に生きていない。
そんな感覚なのです。

せめてこれからは、自分が楽しむこと、喜びを持って人生を生きていきたい。
そのためには、「安心安全」の土台作りが必要だということなのです。


「安心安全」の土台とは、誰に頼ることなく、自分で築いていくことができます。
それは、今の私をそのまま受け入れるということ。

「自己肯定」、「自己受容」と言ったりもしますが、ここから回復の道が始まっていくと私は思うのです。

今もその土台作り中です。

「このままの私でいいんだ!」

「今のままで大丈夫なんだ!」

意識的にこの言葉がけをすること!

わたしたちは、完璧を目指そうとする傾向があります。

それゆえに自分に厳しすぎるのですが、まずは今の不完璧さを良しと思える様になることが大切です。

誰でも凸と凹を特徴(長所と短所)として持っているものです。

自分自身のありのままの凹凸を受け入れることができると、相手の凹凸も受け入れられるようになっていきます。

生きづらさを解消する土台作りをお手伝いするセッションを行っています。

こころのチューニングメソッドお受けになりませんか?

お試しカウンセリングお待ちしております。